スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アート漫遊いちはら


本日は、11月11日。11時11分11秒には何をしようか
考えてしまいますね。

さて、イルミネーション列車の記事を掲載しましたが
同時期に、同じ地域で別のイベントが予定されています。
それは、南部地域で予定されている芸術祭のプレイベント
『アート漫遊いちはら』です。

最近、テレビやラジオで養老渓谷が頻繁に紹介され、観光
には最高の時期です。昼間は芸術と秋の味覚を味わって、
帰りはイルミネーションを見ながら小湊鉄道で帰る。
なかなかいいプランではないでしょうか??

次回の産直ではいらっしゃった方に宣伝しようと思います。
ブログでも引き続き、各駅のイベントを紹介するつもりです。

アート



【市原市観光協会】
http://www.ichihara-kankou.or.jp/news/art_manyuu.html

【千葉日報】
http://www.chibanippo.co.jp/cn/news/local/63583

【千葉観光Web辞典】
http://www.chibabox.com/wiki/index.php?title=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E6%BC%AB%E9%81%8A_%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%82%89%EF%BC%88%E4%BB%AE%E7%A7%B0%EF%BC%89

【南市原アートタウン推進会議】
http://blog.machiblo.com/arttown/kiji/4617.html

≪以下、観光協会HPより抜粋≫
養老渓谷、大福山、里山などの豊かな自然に囲まれ、市民活動団体が精力的に活性化に取り組んでいる南市原。関東一遅い養老渓谷の紅葉シーズンは、多くの観光客でにぎわいます。
そんな紅葉シーズンの南市原にて、5組の現代アーティストが、 遊 ・ 食 ・ 光 ・ 自然 の4つのテーマをもとに、参加・体験型の作品やパフォーマンスなどを取り入れた、6つのプログラムを展開します。プログラムは、地元団体との協働や既存のイベントとも連携しながら制作し、それを小湊鐵道沿線の紅葉やイルミネーションなどの、観光資源を巡るルート上で展開することで、アート好きのみならず、多くのお客様が楽しめる企画です。

【名 称】 アート漫遊 いちはら
【テーマ】| 遊 | 食 | 光 | 自然 |
【会 場】 養老渓谷を中心とした市原市南部地域(小湊鐵道沿線)
      養老渓谷駅 / 養老渓谷周辺 / 上総大久保駅
      市原市民の森 / 里見駅
【会 期】 平成23年11月23日(祝)~12月4日(日) /計12日間
【入場料】 無料 ※物販等は有料
【主 催】 市原市
【企画運営】社団法人 市原市観光協会
【アーティスト】 いわのあいだ{岩間賢、トンデ空静(からしずか)、大島公司}
       木村崇人 / 長谷川仁 / EAT&ART TARO / KOSUGE1-16
【協働団体】市原市立白鳥小学校 / 喜動房倶楽部 / 国本一心会
      小湊鐵道株式会社 / 月崎安由美会 / 南市原里山連合 ほか


スポンサーサイト

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

Comment

非公開コメント

プロフィール

市原鶴舞IC周辺まちづくり協議会

Author:市原鶴舞IC周辺まちづくり協議会
千葉県市原市の圏央道市原鶴舞IC周辺において、地域活性化を目指し活動している協議会です。
ブロクでは、産直情報・観光情報・協議会の活動をお知らせします。

最新記事
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
産直会会場
市原鶴舞バスターミナル
住所:市原市田尾280
QRコード
QR
リンク
検索フォーム
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。